玉縄城址を守り、「玉縄歴史館」を活用して、鎌倉・玉縄地域の新たな歴史まちづくりを推進。

団体情報

URL(HP)https://tamanawajo.jp/
連絡先
設立年2006年
正会員数50人
団体種類任意団体

団体PR

鎌倉・玉縄城の歴史を再発見し、その歴史的自然環境を整備保全し、 玉縄城址歴史ミュウジアムを構築するとともに、 これらを活用して鎌倉・玉縄城地域の新たな歴史まちづくりを、 行政と協働して推進する。 事業としては「市民に伝え、次世代に繋ぐ」体験教育への貢献をうたっています。

【本部事務局】

  • 玉縄城主墓前祭
  • 玉縄城址史跡指定を目指す
  • 広報活動

【里山委員会】

  • 玉縄城址の整備保全
  • 環境教育
  • 遺構探索会案内

【文化委員会】

  • 玉縄城の素晴らしさ再発見の歴史アカデミアセミナー開催
  • 玉縄ふるさと館企画、運営
  • 小学生「昔の暮し体験学習」対応

紹介記事

【鎌倉市市民活動センター20周年記念誌「WOW2018」より】

玉縄城の魅力を通じたまちづくり

玉縄城址まちづくり会議のみなさんは主に鎌倉・玉縄城の歴史を再発見するとともに、歴史的自然環境を整備・保全しながら新たなまちづくりを行政と提携しながら行っています。2012年に築城500年祭を開催し、約50人のメンバーで活動しているとのこと。

今回、私たちはお話を伺うとともに、玉縄城址の清掃活動を行いました。この日の清掃活動は玉縄城の魅力を伝えるイベントに備え、訪れた人たちが歩きやすくするために、草や木などが散策の邪魔にならないように道をつくることでした。作業は大変でしたが、ほんの少しでも私たちのしたことが玉縄城址を広めることに繋がったと思うと嬉しくもありました。

代表の荒井章さんに一.鎌倉の史と聞くと一番に頭に浮かぶのは、菜府や源頼朝、義経だと思う。でも、鎌倉ーにあった唯一の城のことが、より多くの人々に認知されるようになって欲しい」とおっしゃっていました。確かに私たちも鎌倉の歴史といえば、頼朝が幕府を築いた、という知識はあっても、玉縄城址のことは全く知りませんでした。

しかし、玉縄城址の地に立ち、お話を聴く中で、玉縄城の歴史や、後北条氏のことがとてもよくわかりました。それと共に、戦国時代の「つわものどもが夢の跡」との思いを新たにし、玉縄城址もたくさんの歴史をもったところだということを実感しました。これからもっともっとこの玉縄城址の魅力が鎌倉市、神奈川県にとどまらず、日本全土に広がってほしいと思います。

(鎌倉の高校生)